新着情報

海へ

玉屋ブログ

会社のメンバーがお客さまと海へ
お客様のご依頼で会社のメンバーが海へ付き添って行きました。
海への散骨が故人の遺志と言うこともありご遺族のご希望通り船で海へ出港したそうです。DSC_0243

天気も良く、海も穏やかで気持ちよかったそうです。
途中,ご家族が気分が悪くなり、船長さんが特効薬があると気分の悪くなった方にハンドルを渡すとご家族の方は直ぐ治ったそうです。
みんなビックリしたところで目的地に到着。
DSC_0253
家族の手で散骨いたしました。
最後にお花をお供えしゆっくりお別れをいたしました。
DSC_0259
お花が見えなくなり・・・沈黙のなか無事帰港されました。
ご家族の方々は散骨が出来て故人も喜んでいると思います。と言い残して安心したご様子でお帰りになりました。
会社のメンバーも帰ってきて僕も散骨してもらうかな・・・とつぶやいていました。
お仕事お疲れさまでした。

会社の中では散骨について賛否両論ありますが答えなどありませんね・・・
お花も、生花部の配慮で環境汚染をしない無害なモノを使用して環境に適したものを使用ております。

散骨が刑法190条の規定する死体(遺骨)遺棄罪に該当するかについて、法務省の見解(非公式)では、散骨が節度をもって行われる限りは違法性はないとしている。

皆様は散骨を希望されますか?

PAGE TOP