葬儀/お葬式をリーズナブルな明朗価格でご提供。広島で葬儀をされるなら玉屋にお任せください。

玉屋ブログ

  1. HOME>
  2. 玉屋ブログ>
  3. しょっぱい玉子焼きのお話。

しょっぱい玉子焼きのお話。

些細な事ですが…
10年程前、母が何かの病気(今だに知らないのはちょっとおかしいですよね)で手術して入院しました。
私の通っていた中学校の昼食は、給食ではなく弁当持参の学校でした。
毎朝作ってくれていた母が入院したので、その1ヵ月弱の期間、代わりに父が毎朝早くから起きて作ってくれました。

私の兄弟は3姉弟でした。
皆年が近かったので、3人分を作らなくてはいけませんでした。
父は「友達に見られても恥ずかしくない弁当を作るから安心しろ!p(^-^)q」と、テレビの料理番組や本を見ながら研究したり、友人に聞いたりしていたようです。
父は毎日の弁当に、必ずしょっぱい卵焼きを入れてくれていました。
季節は夏だったので、父なりに調べたのであろう
「塩を少し効かせると腐りにくいんや♪(゚∀゚)v」
と、どこから仕入れた知識なのやら、その卵焼きは塩味の効いた不器用な卵焼きでした。
アレから十数年…
母が残業で遅くなったりして夕食の支度がまだの時は、父が例の卵焼きをよく作ってくれます。
その卵焼きは、まだ少ししょっぱくする癖が残っており、食べる度に「あぁ…、オレの親父の味だな」と、ホロリとしてしまいます。
父と呑む晩酌の、愛情の効いた最高の肴です。
th4ZLT5ADS


・・・・・2018年6月18日

新着記事

  • 玉屋サンクスメンバー
  • 生活保護者様のご葬儀
  • エンディングノート