玉屋ブログ

一人娘が嫁に行ったのお話。

この前、一人娘が嫁に行った。
目に入れても痛くないと断言できる一人娘が嫁に行った。

結婚式で
「お父さん、今までありがとう。大好きです」といわれた。

相手側の親もいたし、嫁の旦那もいた。
何より笑顔で送ってやりたいと思ってた。

だから俺は泣かなかった。
涙と鼻水を流して笑った。我ながら情けないと思った。

しわくちゃの顔で俺を見て泣いた娘。
立とうとして転んで泣いた娘。
背中よりもでっかいランドセル背負って
カメラの画面いっぱいに笑顔を見せた娘。

手が隠れるぐらいの制服に身を包んだ娘。
お父さんのと一緒に洗わないでと嫁に怒鳴った娘。

嫁がこの世を離れたとき、
病室の窓ガラスがビリビリ言うくらい泣いた娘。

三回に一回美味しい料理を作ってくれた娘。
(今は三回が三回とも美味しい。断言する。)

頬を染めて、
でも緊張しながら男(現旦那)をつれてきた娘。

大好きです。といって、笑い泣きしてる娘。

嫁ににて笑顔の似合う娘が嫁に行ったよ。
娘のウェディングドレス綺麗だったよ。

若い頃の嫁にそっくりだったよ。

俺も娘も元気にやってるから心配するなよ。
2b995853ff90d968b2184dd032da406f


・・・・・2018年10月26日
PAGE TOP