玉屋ブログ

天国の妻から届いた手紙のお話。

嫁が激しい闘病生活の末、若くして亡くなって五年後、
こんな手紙が届いた。

どうやら死期が迫ったころ、未来の俺に向けて書いたものみたいだ。

—以下全文—

Dear 未来の○○

元気ですか?大好きな仕事はうまくいってますか?
きっと○○だもん、今ごろ凄い出世してるんだろうなあ。
嬉しいぞ。

早速だけど、私はもう長くないみたい。
仕事柄、なんとなく自分の体のことはわかるんだあ。
薬もだいぶ変わったしね。

だから、○○に最後の手紙を書くことにしました。

もう今頃新しいかわいい奥さんが出来てるかな? (笑)

いいんだよ、私に遠慮しないで幸せになってよ。
○○は誰かを幸せにできる才能を持ってる。
その才能を持った責任を負わなきゃいけないんだ。

○○が幸せになるところ、きちんと見守ってるからね。
私は大丈夫。向こうでイケメン見つけて恋するもんね! (笑)

そして○○は沢山子供を作ってステキな家庭を作るの。
○○の子供だもん、きっとかわいいんだろうなあ~

私生まれ変われたら○○の子供になっちゃおうかな (笑)

生まれ変わりの順番待ちがあったら割り込んじゃうもんね!
おばさん発想だな。

でもね、一つだけお願いがあります。

どうか私のことを忘れないで。
どんなに幸せになっても、一年に何回かでいいから思い出して。

私はもうお父さんもお母さんもいないから、、
○○が忘れたらもうこの世界に私はいなくなっちゃう。
それだけが怖いんだ。

何回かというのはね、

付き合い始めた日、幕張のレストランに海。

一緒に行った夏の北海道、
あの時くれたネックレスはずっと今でもつけてるよ。
お棺にいれないでね、○○が持ってて。

○○が初めて試合でレギュラーになった日、関係ないとは思いきや、
実は私が初めてお弁当を作った日だったのだ笑
卵焼き辛くて悪かったな

結婚記念日は○○酔いつぶれてたし、いいや (笑)

そして私の命日。
多分○○のことを思いながら幸せに眠るんだろな。

この四つが私の思い出ランキングトップです!
だから年四回でいいから思い出してね。お願いね。

○○が思い出してくれるとき、
きっと私はその瞬間だけこの世界に生き返れるんだ。

最後までわがままだね (笑) ごめんなさい。

未来に向けて書くつもりが、
なんかよくわかんなくなっちゃった。

だって○○の未来は輝いてて、眩しくて、全然見えませんよ!

さて、レントゲンに呼ばれたのでこれで終わりにします。
時間かけて書くと長くなりそうなので、
思いつきで書いたこの手紙で一発終了。

○○、今までありがとう。
悲しい思いをしてしまったらごめんなさい。

あなたと過ごした私の人生、あなたと作った私の人生。
幸せ過ぎてお腹いっぱいです。もう悔いはないよ。

○○の幸せをずっとずっと見守ってます。

未来の○○の笑顔を思いながら

△△より

ps.ご飯はちゃんと食べるんだよ

———-

最後まで注文ばっかだな全く
オレはまだ一人だよ
でも幸せだ この手紙をみて改めて実感した
オレ頑張るから、ずっと見ていてくれよ

ありがとう
006638.smpl


・・・・・2020年3月9日
PAGE TOP