玉屋ブログ

ばあちゃんのスイカのお話。

2019/04/11

昨年の夏に高知へ行った。

夏真っ盛りで走ってても頭がクラクラするくらいの炎天下。

R439の全線走破目指して2日目の午後、中村市に近いところまで辿り着いた。

辺りにはなにもない川べりの道端にビーチパラソル立てて、

一人の婆ちゃんがスイカとトマト売ってた。

オレは水を張った樽の中に浮かんでるスイカとトマトに魅かれてバイクを停め、

「おばあちゃんココで食べてもいいか?」と聞いた。

婆ちゃん笑って椅子を出してくれ、小さなスイカを四つに切ってくれた。

ほんのりと冷えていて、喉が渇いていたオレは二切れを一気に食った。

「トマトも食うか?」

そう薦められて歪な形の、それでも真っ赤に熟れたトマトを一つ頬張った。

「なあツトム」と婆ちゃんがオレに話しかけた。

「今日は学校休みなんか?」

オレは食いかけのトマトを握り締めたまま婆ちゃんの顔を見た。

ビーチパラソルの青い色の下で、婆ちゃんは優しそうに笑ってた。

「そいともこれからか? 学校は」

婆ちゃんがボケているのだと気づくまでに少し時間が必要だった。

「そうだよ、今日はこれから学校なんだよ」

そう答えると婆ちゃんは何度も何度も肯いて、

「ツトムはちいこい頃からよく勉強しちょったなぁ」と笑った。

「このオートバイはツトムんか?」

「気いつけんといかんぜよ、バアちゃん泣かさんちくれよ」

「今年は台風がよう来よっと西瓜みんな割れてしもうた」

婆ちゃんはオレの返事などお構いなしに独りで話し続けた。

高くて真っ青な空に、夏雲が飛んでいた。

青草の匂いのする風が、オレと婆ちゃんの座っているパラソルを時々揺らした。

なんにも音のしない本物の夏が、ただキラキラ輝いてた。

トマトの濃厚な味を感じながらツトムって誰だろうとオレは思った。

婆ちゃんの孫だろうか? それとも息子だろうか?

このトマトを食い終わるまでの間だけ、オレはツトムになった。

今年もまた夏がやってくる。

高知の西の川べりに、またあの婆ちゃんはスイカを売るのだろうか?

6eaf2f2fcdaf43040b4055cbb85214a9

プレゼントは空っぽの箱のお話。

2019/04/02

何年か前に友達から聞いた話です。

彼はクリスマスが近づいたとき、三才の娘が包装紙を何枚もむだにしたため

彼女をきびしく叱りました。

貧しい生活を送っていたのにその子はクリスマスプレゼントを包むための大切

な包装紙で箱を作ってクリスマスツリーの下に置いたのです。

叱られた娘はその箱を父親に渡しながら

「パパ、これはパパのためよ」

と言いました。

受け取った父親は箱を開けてみると中は空で、何も入っていませんでした。

父親は娘にたずねました。

「プレゼントは空っぽの箱だけかい?」

娘は目に一杯涙をため父親を見上げて言いました、

「パパ、空っぽではないの、たくさんの私のキッスを入れたの、

これは全部パパのためなの。」

父親はぼう然としました。そして、娘を抱き上げ、ゆるしを願いました。

それ以来、父親は娘からもらったその箱を大切に保管し、いつもベッド

のそばに置いていました。

そして、元気を失った時、その箱を開けて、

娘がどれ程大きな愛をもって自分のためにキッスを入れたかを思い出し、

大きな慰めを受けたのです。
girl_kiss

3.11

2019/03/11

あの日から八年・・何ができただろう。

3.11

「母の匂い」のお話。

2019/03/07

その先生が5年生の担任になった時、一人、服装が不潔でだらしなく、どうしても

好きになれない少年がいた。

中間記録に先生は少年の悪いところばかりを記入するようになっていた。

ある時、少年の1年生からの記録が目に止まった。

「朗らかで、友達が好きで、人にも親切。勉強もよくでき、将来が楽しみ」とある。

間違いだ。

他の子の記録に間違いない。先生はそう思った。

2年生になると、「母親が病気で世話をしなければならず、時々遅刻する」と書かれていた。

3年生では「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りをする」。

後半の記録には「母親が死亡。 希望を失い、悲しんでいる」とあり

4年生になると「父は生きる意欲を失い、アルコール依存症となり、子供に暴力をふるう。」

先生の胸に激しい痛みが走った。

ダメと決めつけていた子が突然、深い悲しみを生き抜いてる生身の人間として自分の前に立ち現れてきたのだ。

先生にとって目を開かれた瞬間であった。

放課後、先生は少年に声をかけた。

「先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない?分からないところは教えてあげるから」。

少年は初めて笑顔を見せた。

それから毎日、少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。

授業で少年が初めて手をあげた時、先生に大きな喜びがわき起こった。

少年は自信を持ち始めていた。

クリスマスの午後だった。

少年が小さな包みを先生の胸に押しつけてきた。後で開けてみると、香水の瓶だった。

亡くなったお母さんが使っていたものに間違いない。

先生はその1滴をつけ、夕暮れに少年の家を訪ねた。

雑然とした部屋で独り本を読んでいた少年は、気がつくと飛んできて、先生の胸に顔を埋めて叫んだ。

「ああ、お母さんの匂い!今日はすてきなクリスマスだ」

6年生では先生は少年の担任ではなくなった。

卒業の時、先生に少年から1枚のカードが届いた。

「先生は僕のお母さんのようです。そして今まで出会った中で一番すばらしい先生でした」

それから6年。

またカードが届いた。

「明日は高校の卒業式です。僕は5年生で先生に担当してもらって、とても幸せでした。
おかげで奨学金をもらって医学部に進学することができます」。

十年を経て、またカードがきた。

そこには先生と出会えたことの感謝と父親に叩かれた体験があるから

患者の痛みがわかる医者になれると記され、こう締めくくられていた。

「僕はよく5年生の時の先生を思い出します。あのままだめになってしまう

僕を救ってくださった先生を神様のように感じます。

大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は、5年生の時に担任してくださった先生です」

そして1年。

届いたカードは結婚式の招待状だった。

「母の席に座ってください」と1行、書き添えられていた。

thU9KX160M

初恋の人のお話。

2019/03/06

初恋の人が亡くなりました。

初恋で初めての彼氏で、私も若くて我儘放題で、悔やまれることばかりです。

ある日、突然「別れて欲しい」と言われ、意地を張って

「いいよ」

と言い返してしまって。

半年後に突然電話があった時も、強がって「彼氏ができて幸せ」だと伝えた。

嘘。

大嘘。

彼氏なんかできていなかった。

それから約一年後、彼の友人から連絡が来た。

彼が肝臓癌で亡くなったそうだ。一年前に。

一周忌になったら私に連絡して欲しいと遺言を残していたらしい。

私に遺書を残していて、そこには、

『こんな別れ方しかできなくてごめん。幸せになって欲しい。愛してる』

と書いてあった。

どうして一人で全てを抱え込んで死んでいったのか。

どうして一緒に病気と闘わせてくれなかったのか。

どうして私に本当のことを言ってくれなかったのか。

色々なことを聞きたくて仕方がなかった。彼を責め立てたかった。

あれから二年経ち、ようやく心の整理が付いた。

彼が病気を知らせなかった優しさも理解できるようになった。

でも頭では解っていても、まだ感情がついて行けない。

一生私は彼を忘れないだろうし、彼に色々問いかけてしまうと思う。

e4b09ea625d394b96aea1874748182ea

もう一度だけで良いから会って優しくしたい。愛してるって言いたい。

あの子が教えてくれたもののお話。

2019/02/14

子供が外に遊びに行こうと玄関を開けたとたん

みはからっていたのか猫は外に飛び出していってしまいました。

そして探して見つけ出した時にはあの子はかわりはてた姿になって
しまった。

私はバスタオルにあの子をくるみその場で泣き崩れてしまった。

自転車で通りすぎる人、横を走る車、みんなが止まり

「どうしたの?大丈夫?」と声をかけてきてくれた。

でも、その声にも答えず私は声をあげてあの子を抱きかかえて泣いた。

まだ体があたたかったことが、悔しかった。

毎朝、あの子はきまった時間にパパを起こし、えさをねだるのが日課であった。

パパの眠い目をこすりながらも、おねだりするあの子にえさをあげてから朝の一服をする。

あの子が死んだ次の日の朝、パパはいつもの時間に起きてきた。

そして、ソファーに座りたばこに火をつけた。今日は足にまとわりついてくるあの子がいない。

パパの背中がさみしそうで、また涙がこみあげた。

あの子はいつも長男と一緒に二階に上がり長男のベットで一緒に寝ていた。

あの子が死んだ時、呆然としていた長男が、ベットで夜泣いていた。

私は声をかけてあげることができなかった。

親として悲しんでる子供をなぐさめてあげなければいけなかった。

でもその長男の姿を見た私はその場でうずくまって声を殺して泣き崩れてしまった。

食事の用意をしていても、掃除をしていても、涙が勝手にあふれてくる。

泣いている私に息子は、「次はどこ掃除する?手伝うよ」とやさしく声をかけてくれた。

「ママが隊長で、僕は副隊長になって掃除しようっ!」

泣きっぱなしでぶさいくになっている私は、

「隊長ばっかで部下がいないじゃん」とぐしゃぐしゃの顔で笑った。

あの子が死んでから初めて笑った。

くよくよしていたらいけないことを息子が教えてくれたようでなさけなかった。

今日で、もう泣くのは終わりにしよう。

あの子とのいっぱいの思い出を胸にしまい、今日からいつものママにもどるからね♪
041-animal-illustration

PAGE TOP