具体的な流れとポイント

1.死亡

自宅 病院・老人ホーム
かかりつけの医師に連絡 急死の場合は警察に連絡 寝台車で葬儀場か
自宅に帰ります。
死亡診断書を作成 警察のかかりつけ医師にて検視後、
死体検案書を作成

2.葬儀業者を決める

人生最期の大切な儀式なので信頼できる業者を選びます。

3.死亡届

弊社が代行して提出します。

4.通夜・葬儀の日程

お寺様と打ち合わせした上で決めます。

5.訃報の連絡

通夜・葬儀の時間、場所などが決まりましたら親戚、勤め先、ご近所に連絡します。
※通夜・葬儀の時間が決まらないうちに連絡されても構いませんが、またあらためて連絡することとなります。

6.通夜・葬儀の具体的内容を決める

葬儀社と話し合いをして祭壇、通夜菓子・会葬品の数、弁当、飲物、生花、霊柩車などを決めます。

7.通夜

葬儀社がいろいろとご説明します。

8.葬儀

葬儀社がいろいろとご説明します。

9.火葬

火葬した収骨は骨壷に納め、仏式の場合49日法要まで自宅に安置します。

10.納骨

通常仏式の場合、49日法要日かその前後に納骨します。