ひろしま企業健康宣言!

大切な宝物のお話。

これ、反抗期の時の話しなんだけど、今でも忘れられない。

幼い頃からずっと片親で育ってきた私は、父親と二人暮らしをしてた。

友達や親戚から見ても、誰から見ても、私を大事に宝物の様に可愛がってくれて、一生懸命働いてくれてた。

私の願い事は無理してでも、自分を犠牲にしてでも叶えてくれた。

風邪の時には仕事さぼってでも側に居てくれてた。寂しい思いはさせなかったと思う。

二人きりだけどクリスマスや誕生日も毎年してくれた。

けど、十代半ば、反抗期のせいで、父の優しさが凄くうざくなってきたんだ。

心配される事とか、口聞く事も、すべてがうっとおしくなったんだ。

私は毎晩、夜遅く帰って来て父が心配してくれても私は父に罵声しかあびせなかった。

友達と遊ぶ事が楽しくて、だんだん家にも帰らなくなった。

そんな毎日を繰り返しまた夜、久しぶりに帰ったら私の分のおかずとか、小さなケーキがおいてあったんだ。

もう誕生日も二~三日すぎてたのに、おいてあって、毎日ご飯作っていつ帰って来るのか分からない私をずっと

待っていてくれてたんだとおもったら、切なくて悲しくて申し訳なくて涙が溢れてきた。

そして無造作に置かれてた小銭入れ、ボロボロな汚い小銭入れ、私が幼稚園の頃に父の日にあげたやつ。

まだ使ってたんだ。
父は、ほんとに私を誰よりも何よりも大切な宝モノなんだって事が胸につきささって、父に優しくして

あげられなかった事に、また泣いた。

また後から知った事だけど、私が小さい頃に書いた父の日のカードも、肌身離さず持っていました。

あの一件以来、私はちゃんと帰るようにはなりました。

そんなこんなで今私は結婚もして、もうすぐで子供も産まれます。

私は父がくれたあの愛情を、これから産まれてくる子供にたっぷりそそぎます。

そんな私をこれからも空から見守っててください。

お父さん、こんな私を育ててくれてありがとう。私はとっても幸せです。

大好きだったよ。

葬祭会館スタッフ(接待・案内・電話対応)募集

葬祭会館内の業務全般をお願いします。

礼儀作法が大事なお仕事ですが、当社では、育成に力を入れており全員が安心して

業務出来るよう研修等のサポートを充実させています。

接客や事務経験、電話対応が未経験の方もお気軽にご連絡ください。

ブランク明けの復帰やパート・アルバイトからの初めての就職・転職等、新たなる

スタートを応援しています。

勤務地 皆実町・霞町

時間 9時から5時※残業あり

休日 完全週休2日制(シフト制)

資格 普通自動車免許(AT限定可)

待遇 昼食付 社会保険完備 車通勤可 賞与年2回 制服貸与 交通費規定支給(月1万円迄) 残業手当有

業務 www.tamaya4949.jp

まずはお気軽にお電話ください。詳細はお伝えいたします。

株式会社玉屋 

広島市南区段原南1-20-11

082-261-4949 担当 児玉/小林まで

 

トライ・ザ・セイフティinひろしまで表彰されました。

これからも、無事故無違反で業務に邁進いたします。

月刊経済春秋二月号

社長の記事が掲載されました。

 

伊予柑のお話。

父は気難しい。言いたいことはいつも顔に書いてある。

ドアを強く閉めることもあれば、階段をドスドス駆け上がることもある。

私が「弁当店をやりたい」と言った時も、テレビのボリュームを一気に上げた。

反対とは言わないまでも言いたそうな素振り。たまらず「もういい!」と出ていこうとすると「失敗しても帰ってくんなよ」

とボソリ。以来父とは顔を合わせていない。

そんな私が飯能に店を出したのが十年前。小さな町の、小さな店だ。当初はほとんどお客さんが来ず、手書きのチラシをあち

こちに配り歩いた。お客様は一日に十人。それに対し十万円の赤字。

やっと赤字から脱出できたのは三年後。そこにはひとりのお客様の存在があった。

ふじの。その人は開業当初から買いに来てくれるお客様だった。

そして年に一度、決まって7月3日に弁当を大量注文する。やり取りはいつもFAX。

取りに来るのはいつも代理の方だった。

「いつもありがとうございます。しかしこんなに沢山のお弁当、どなたが食べるんですか」

ある時私が尋ねると「まあ、いいじゃないですか」と代理人は言葉を濁した。

その後も弁当を取りに来てはすぐに帰っていく。

車のナンバーが地元ではないことから近隣の住民でないことは明らか。

ひょっとして転売目的?でもなあ、と思う。たまにお菓子の差し入れをする様子を見ると悪い人ではなさそうだった。

やがて弁当店が軌道に乗り始めると『ふじのさん』からの注文はパタリとなくなった。

それでも毎年7月3日には必ず弁当を200食注文する。それは店にとって大変ありがたいものだった。

しかし昨年。コロナウイルスの感染拡大によって事態は一変。予約のキャンセルが相次ぎ、店の経営は一気に傾いた。

店舗の家賃に、光熱費。休業しても伸し掛る毎月の支払い。気力より先に貯金が底をついた。

『誠に勝手ながら今月末で閉店させて頂きます』
結局、私は廃業の道を選んだ。悲しくて、悔しくて。コロナに胸ぐらがあったら掴んでやりたい。何度も思った。

だがそうもしていられず、店の撤去作業に追われた。自らペンキを塗った看板。何枚も配り歩いたチラシ。

分厚い顧客リスト。それらを見ては涙に暮れ、悲嘆に暮れた。

お客様からのFAXをシュレッダーにかける時は、身も心も刻まれるようだった。そんなある日、店にFAXが届いた。

FAXの主は『ふじのさん』だった。見れば『7月3日シャケ弁200食』とある。

だがその日にはもう店はない。ないんだ。

私は切なさいっぱいに、その旨をFAXで伝えた。店を立ち退く日。その日は朝から別れの挨拶に訪れるお客様で賑わった。

その中に『ふじのさん』の代理人がいた。大きなダンボール箱を抱え「これはヤッサンから」と差し出した。

中身は伊予柑だった。

「いい予感、ってことだそうです。またがんばって下さい」

いい予感、か。私たちは顔を見合わせて笑った。

「そう言えばいつも7月3日にご注文を頂いていたのですが、あの日は何があったんですか」

するとそれまで私を見ていた代理人さんが、すっと目をそらした。そしてたったひと言。「誕生日だから」と言った。

途端に頭が真っ白になった。年に一度の大量注文。それは私へのハッピーバースデーだった。

おめでとう。がんばれよ。声にならない『ふじのさん』のエールが聞こえた気がした。

ありがとう。わたし、がんばるよ。

なんかいい予感がするよ。ダンボール箱を抱きしめて、私は、ちょっとだけ、泣いた。

『ふじのさん』は、父だ。

 

「そろそろしょーやー人生会議!」広島市南区市民公開講座

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さんが出演されています。

令和3年度南区在宅医療・介護連携推進事業 広島市南区市民公開講座

「そろそろしょーやー人生会議!」

~大切な人に思いを伝えておこう~

https://www.youtube.com/watch?v=R6–Iqs4Z4M

令和4年2月1日(火)

~令和4年3月31日(木)

YouTube期間限定配信

PCR検査

5月25日に玉屋社員・スタッフ全員にPCR検査を行いました。

全員陰性という結果となりました。

広島県のホームページより抜粋

令和3年5月26日検査分までの陽性者への連絡は終了しました。

(令和3年5月27日,28日検査分の陽性者への連絡の一部は5月31日以降になります。)

今後も、ますます気を引き締めて感染予防に努めたいと思います。

非常事態宣言の延長になりました。

皆様もしっかり感染予防に努めて不要不急のお出かけはお控えください。

株式会社 玉屋

玉屋創業90周年感謝祭参加御礼

拝啓 春分の候、
皆様におかれましては、ますますご健勝のことお慶び申し上げます。
昨日はご多忙の中、また、大変お足元の悪い中を「玉屋創業90周年感謝祭」にご来場頂き、まことにありがとうございました。
DSC_0605
非常に多くの方にご参加頂き、有意義な「玉屋創業90周年感謝祭」を開催することができました。
DSC_0612
これも皆様方のご支援とご愛顧によるものと、心から感謝いたしております。
また、開催に際し多くのお祝いのお花や祝電、差し入れなどをいただきまして誠にありがとうございます。
DSC_0609
また最後になりましたが、不慣れなことで不行き届きの点が多々ございましたこと心よりお詫び申し上げます。
ご不明な点等ございましたらご連絡下さい。
DSC_0613
今後ともよろしくお願いします。
新型コロナウィルスとの闘いが日ごとに増していますが感染防止を心掛け、お元気にお過ごし下さいませ。

                                           敬具
                                     株式会社 玉 屋

PAGE TOP